銀山温泉で「くぢら餅(久持良餅)」を買った

山形県尾花沢市の銀山温泉に行ってきました。

泊まるとかお湯に入ったりとかせず、ほんとただ行ってきただけです。

このピンク色のお店で「くぢら餅」を買ってきました。

私は青森県出身で、浅虫温泉のくじら餅(久慈良餅)をよく食べていました。

銀山温泉で買ったのは、漢字で表現すると「久持良餅」となっています。

いずれにしても、私が幼少期に思い浮かべていた最大の哺乳類「鯨」とはまったく無関係のようです。

今回銀山温泉でくぢら餅に出会ったことで、こういうのは日本の至るところにあるのだとわかりました。

このくぢら餅は尾花沢市の株式会社明友という会社が作っているものです。

帰りに寄った村山市の道の駅でも見かけました。

さて、ここのくぢら餅は2種類あります。

お店の人に説明を聞きましたが、詳細は忘れました。

簡単に言うと、味が違うということです。

で、驚いたのが、焼いて食べると美味しいということです。

まず濃い茶色の方をオーブントースターで焼いて食べてみました。

私が慣れ親しんだ「くじら餅」とは、食感こそやや似ているものの、味はまったく違います。

味噌っぽい味がします。

でも不味くはありません。

次に、ベージュ色の方を食べてみました。

私としてはこちらの方が好みでした。

どちらも原材料名は同じなので、どれかの配合量か製造過程を変えると味と色が違うものになるということでしょうか。

でもまた食べたいとは思いません。

昔からあるその土地の名物ってそんなものですよね。

この中に生クリームとか入れて進化していけばいいのにと思ったりもします。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP