ハーゲンダッツはアイスクリームです

今日はものすごい当たり前のように思えるタイトルです。

アイスクリームじゃなきゃ何?プリン?

そんな怒りの声も聞こえてきそうですが、ちょっと待ってください。

一般的に我々がアイスクリームと呼んでいるものには、実は3種類あるのです。

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスです。

アイスクリームは、乳固形分15.0%以上 (うち乳脂肪が8.0%以上) 入っているものです。

アイスミルクは、乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上)入っているものです。

ラクトアイスは、乳固形分3.0%以上入っているものです。

文字で書くとイメージしにくいと思います。

簡単に言うと、乳固形分が多いものがアイスクリームということです。

つまり、製造コストがもっともかかるものです。

ここでもう一度、言います。

ハーゲンダッツはアイスクリームです。

もう落ち着いて聞けると思います。

そしてなぜハーゲンダッツが普通のアイスに比べて高いかも理解できると思います。

これバターとマーガリンの関係にも似ています。

安いものほど植物性油脂が多く使われているのです。

ちょっとでも健康のことを考えたら、高くてもアイスクリームを買うべきなのかなと思いました。

画像は抹茶クランブルという期間限定のアイスクリームです。

食べ終わってどうせアイスを食べるならもっと甘いものを選べばよかったと思いました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP